WAN越しの通信の体感速度を高められる「WAN高速化装置」の導入数が、この数年、急速に増えている。背景にあるのは、データセンターを中心としたネットワークを構築するユーザーや、海外進出に伴って国際間のネットワークを強化するユーザーの増加である。