国際MPLSネットワークを介して各拠点を接続したネットワークを提案する(表1)。対象拠点の場所や数から考えて、域内ネットワークを別に組まずに国際ネットワークに各拠点を直接収容したほうが費用を抑えることができると判断する(図1)。

表1●T-Systemsジャパンの提案内容
[画像のクリックで拡大表示]
図1●グループ会社であるドイツテレコムの統一網を利用
アクセス回線の冗長化は正式見積もり時に判断。東京や北京の監視センターからネットワークやホスティングシステムをモニタリング。
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットワークはT-Systemsの過去の案件を基に標準化したサービスのモジュールを組み合わせて構成する。標準モジュールの構成は、

・ネットワーク:国際MPLS
・デスクトップサービス:LAN機器・パソコン/サーバーのサポート
・コンピューティングサービス:ホスティングおよびモニタリング

 これらのモジュールを、できる限りユーザーの各拠点の「ニアショア」(タイムゾーンがほぼ同じ地域)で運用し、ワンストップでサービス提供する。日本にデリバリーマネジャーを配置し、全体を統括。各国のローカルデリバリーマネジャーとともに担当する(図2)。

図2●プロジェクト体制
図2●プロジェクト体制

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。