2009年半ばから2010年初頭にかけて、国内でGumblar攻撃が頻発した。著名なWebサイトがFTPアカウントを奪われ、ユーザーを不正サイトに誘導するよう細工された。ほかにもWebサイトには、クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクション、サービス不能(DoS)攻撃、さらには関係者によるデータ不正利用まで、様々な脅威がある。