インターネットを検索すると、過去数年、その年が「モバイルマルウェアの年」になると明言していた記事が多く見つかります。逆に言えば、それ以外の年はモバイルマルウェアの年になりえないということです。さらに、この検索結果は10年近く前までさかのぼったものです。このような予言的な文句が大胆かつ挑戦的である理由は、大抵の場合において、その記事が年初に書かれているからかもしれません。年初には、誰にもその年に何が起こるかわからないわけですから。

 しかし、2011年が本当の「モバイルマルウェアの年」になるかどうかを考えた場合、ここ数週間で起こった出来事だけを見ても、今年になってモバイル脅威の傾向に対して大きな変動があったという事実を十分に正当化できると思います。

図1●2011年のモバイルマルウェア:種類と標的
図1●2011年のモバイルマルウェア:種類と標的

 はっきりとわかることは、脅威の作成者の取り組みがさらに戦略的で大胆になってきているということです。モバイルマルウェアの感染経路を複雑化しようとする試みは増加傾向にあり、単に脅威をアンインストールするだけでは対応できないところまできています。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。