「経営トップ会議」「随時開催会議」ともに、SaaS型テレビ会議サービス「CanSee」を使ったシステムを提案する。インターネットに接続できる環境があれば、どの拠点からも利用できる。さらに、従量制課金により費用を最適化できる点も特徴である(表1)。

表1●Visual Link Laboratoryの提案内容
[画像のクリックで拡大表示]

 提案としては、経営トップ会議、開発会議、販売会議、プロジェクト進捗会議の4種類の会議が同時に開催される可能性を考慮して、接続ID(CanSee番号)を会議種類ごとに1個ずつ、合計4契約を想定する。RFPに記載された目安に基づくと、月額利用料は19万5900円となる(表2)。

表2●月額利用料(見積金額)の内訳
開発会議、販売会議、プロジェクト進捗会議は1地点1参加者として算出。時間数はRFPに基づく。定額分と従量分の金額の違いは料金プランの違いによる。
[画像のクリックで拡大表示]

 一つの拠点から複数ユーザー(複数PC)の参加が可能で、拠点数に関係なく1会議当たり最大50接続まで接続できる。ただし、料金はIDごとの累計通話時間によって変わる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。