コラボレーション基盤として、ユニファイドコミュニケーション(UC)システムを提案する(表1)。IP電話、Web/電話会議、インスタントメッセージ、メール、スケジュール管理、連絡帳など各種コミュニケーション機能を備えたシステム「uniConnect」(サーバーはCommuniGatePro:CGP)を利用する。端末はパソコン(ブラウザー)のほか、Android搭載のスマートフォンやiPhoneを利用できる。

表1●エス・アンド・アイの提案内容
[画像のクリックで拡大表示]

 本提案の最大の特徴はスマートフォンを利用したFMC(Fixed Mobile Convergence)を実現する点(図1)。ブラウザーもしくはスマートフォンがあれば、どこからでも内外線通話の発着信、スケジュールの確認、企業メールの送受信が可能になる。

図1●スマートフォンを使った内線電話を中核としたコラボレーション基盤
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的には、スマートフォンに搭載した専用ダイヤラーアプリケーションからCGPにHTTP/HTTPSを使って接続すると、CGPがあて先を呼び出すと同時に発信者にコールバックし、ユーザー間を接続する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。