Facebookを活用した店舗実施型の体制作りを提案する。トライアルとして効果を把握するために、まずはFacebookページを主に情報伝搬の手段としてとらえた取り組みを想定する(表1)。店舗実施型とすることで、現場で感じ取ることのできる日々の情報と、ソーシャルメディアによる情報伝搬により、地域に合わせたマーケティングの精度を高める。

表1●アライドアーキテクツの提案内容
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的な取り組みとしては、まず、店舗ごとにFacebookページ(旧Facebookファンページ)を構築し、サードパーティーのFacebookアプリケーションを活用して、Twitter、Webページなどに散在する情報を統合する(図1)。このインフラを整えたうえで月次で販売キャンペーンを実施し、集客や情報伝搬を試行。重要顧客の可視化に取り組む。この際、クーポンやポイントと組み合わせて効果を高める。

図1●Facebookページに顧客誘導先を集約してキャンペーンを展開
[画像のクリックで拡大表示]

 この顧客参加型のキャンペーンや、アンケートなどによる傾聴を実施するために、アライドアーキテクツが開発中のアプリケーションを利用したシステムを構築する(必要に応じて他社アプリケーションを適用)。0.5~1.5カ月程度の準備期間(Facebookページ構築およびキャンペーンアプリ準備)の後、2~3カ月のトライアル実施を想定する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。