昨今、スマートフォンの普及が進み、雑誌やムックなどで、スマートフォン特集が多く組まれるなど、世間一般の話題として取り上げられるようになってきた。また、マーケッターの中でも、スマートフォンを活用したプロモーション手法が模索されており、企業活動の課題の一つとなっている。

スマートフォンユーザーをスマートフォンで調査する

 ただ、スマートフォンを使っているユーザーがどのような性質を持っているのか、把握している人がほとんどいないのが現実だ。スマートフォンにかかわる人たちの間では、「最近20代スマホ女子が増えているらしい」「40代男性が多いらしい」といった話題が挙がるものの、それを証明するデータがなかなかない。そのためか、特にスマートフォンアプリ開発やスマートフォンサイトの企画などにかかわるアプリ開発会社・サイト開発会社からは、戦略の方向性をどうすべきか、手探り状態が続いているということをよく聞く。

 もちろん、スマートフォンユーザーを対象とした調査がまったく行われていないわけではない。各調査会社や専門機関は、何とかスマートフォンユーザーの声を集めようとしている。しかし、スマートフォン市場はまだ導入期にあり、普及率が高まるのはこれからだ。そのため、パソコン向けのシステムでインターネットユーザーにスマートフォン所持についてアンケートを取っているのが実情である。回答者はパソコン上でスマートフォンに関するアンケートに答えるのが一般的であり、筆者の経験では、その出現率の低さからコストも多大にかかってきた。

 今回、この特集記事で取り上げる調査は、こうした課題を解決するための調査方法である「スマホリサーチ」というサービスを利用している。これは筆者が代表を務めるモバイルマーケティング・ジャパンが持つマルチデバイス対応(パソコン、携帯電話、スマートフォンに対応)の調査システム「リサーチワン」と、ネットマイルが運営する共通ポイントプログラムの450万会員からスマートフォンユーザーを抽出して調査するサービスである。スマートフォンユーザーがスマートフォンで回答することができる特徴がある。利用シーンに近いためリアルタイムかつ回答精度が高まる、画面の大きさによりPCと変わらない質問内容と質問量が実現できる、などのメリットが期待される。

利用機種はiPhoneシリーズが上位、OSシェアではAndroidがトップに

 まず、この「スマホリサーチ」で2011年6月28日、スマートフォンユーザー9214人にどの機種を利用しているかを聞いたのが表1だ。機種としてはiPhone 4を利用する率が高く、またiPhone 3GSも2番目に入っている。AppleのiPhoneシリーズの人気が高いことが分かる。

表1●利用機種別順位
順位 機種名   利用者比率
1 iPhone 4 2302 25.0%
2 iPhone 3GS 1295 14.1%
3 IS03 595 6.5%
4 REGZA Phone T-01C 523 5.7%
5 Xperia SO-01B 419 4.5%
6 GALAXY S SC-02B 348 3.8%
7 REGZA Phone IS04 345 3.7%
8 MEDIAS N-04C 334 3.6%
9 iPhone 3G 321 3.5%
10 003SH GALAPAGOS 293 3.2%
その他機種 2439 26.5%
(「スマホリサーチ」パネル調査、2011/6/28実施、回答数: 9214)

 この結果を反映するように、図1の通信事業者別シェアではiPhoneを扱うソフトバンクモバイルが49.7%とトップ、NTTドコモの利用者は29.3%となった。一方でプラットフォーム/OSのシェアではAndroidが50.8%、iPhone/iPadで利用されるiOSが42.5%となった(図2)。Androidは通信事業者を問わず多くの機種で採用されており、全体での利用者比率では既にiOSを抜いていることが分かった。

図1●通信事業者別の利用者比率(N=9214)
図1●通信事業者別の利用者比率(N=9214)
図2●プラットフォーム別の利用者比率(N=9214)
図2●プラットフォーム別の利用者比率(N=9214)

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。