記事執筆時点の情報に基づいています。一部内容が古くなっていることをご了承下さい。
[画像のクリックで拡大表示]

 西欧と北欧のセキュリティベンダーはバラエティに富んでいる。ドイツの2社は検知率重視の姿勢など似ている部分もあるが、G Data Softwareはダブルエンジンやモバイル対応など搭載機能やラインアップが目をひくのに対し、アビラは動作の軽さやウイルス対策ソフトの無償版など、シンプルさが目立つ。特定のOSやユーザー層への強さで存在感を放つベンダーもある。フランスのIntegoはMac OS X用で知られる。フィンランドのエフセキュアは、パソコンのほか早くからモバイルセキュリティに注力。英国のソフォスは、顧客ターゲットを法人に絞っている点が特徴的だ。スペインのPanda Securityで目をひくのはクラウドの利用。ウイルスを自動分析する仕組みを持ち、パターンマッチングまでクラウド側で実施する無償のウイルス対策ソフトがある。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。