5回にわたる本連載の最終回では、「データセンター」のベストサービスを紹介します。『日経コンピュータ』と『ITpro』が選んだのは、KDDIと富士通のデータセンター。両社とも国内外に多数のデータセンターを持つだけでなく、サービスメニューが豊富です。

【データセンター部門】 KDDIと富士通に栄冠

 データセンターもクラウドコンピューティングを支える重要な基盤の一つ。プライベートクラウドを構築する際には、サーバーをはじめとする機器類をベンダーのデータセンターに設置するのが一般的だからだ。

図1●データセンター部門のベストサービス
[画像のクリックで拡大表示]

 そこでコロケーション(場所貸し)サービスを提供するデータセンターを評価した。回答30件の中で、KDDIと富士通のデータセンターが総合スコア65を超える「ベストサービス」となった(図1)。

 両社とも日本全国に加え、海外主要地域にデータセンターを保有することや、豊富な運用アウトソーシングのメニューを用意していることなどが高い評価につながった。料金や仕様、ネットワーク関連サービスの情報公開に積極的な点でも他社のデータセンターサービスより先んじた。

 富士ソフトやCSK-ITマネジメント(2010年10月1日付でCSKホールディングスと経営統合し、CSKに社名変更)、野村総合研究所(NRI)などは規模や展開している地域の広さでは富士通、KDDIに及ばない。だが、建物の性能やネットワーク関連の付加サービスでは、ほとんど変わらなかった。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。