国内IT市場に回復の兆しが見え始めている。IDC Japanの調べでは、2011年の国内IT市場は前年比1.6%減の12兆4797億円になる見込み。マイナス成長の予測ではあるものの、今年8月時点の予測(同2.4%減)からやや改善した。スマートフォンの急速な普及などが、マイナス幅を小さくした。2012年の国内IT市場は、同2.8%増の12兆8307億円になると予測される。ITサービスやソフト、ハード、いずれの分野でも2~4%成長する見通しだ。