推奨されるソリューションは、インメモリーDB/CEPの導入です。

 インメモリーDBとは、データをメモリーで管理するデータベースのことです。CEP (Complex Event Processing)とは、ストリームデータのリアルタイム処理を容易にするソフトウエアのことです。

 インメモリーDB、CEPの導入により、企業は近年の予測困難なマーケットに対して、変化の予兆を察知し、機先を制して、気の利いた知的なサービスや機能を提供できるようになります。

 インメモリーDBの関連記事は、こちらを参照してください。