東日本大震災に関連するニュースなどの情報の入手方法を、マクロミルが調査した。東北地方や茨城県、千葉県で被災した回答者3140人のうち、62.3%がPC用ニュースサイトから情報を入手していた。ニュースサイトの利用率は、ラジオや新聞を上回った。最も利用率が高かったのはテレビ(88.4%)である。携帯電話向けのニュ ースサイトは22.5%。TwitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)も17.4%が利用していた。