PCやサーバー、ネットワーク機器などを管理するシステム/ネットワーク管理ソフトウエアの市場は、2015年に3113億円規模に成長しそうだ。2010年の国内市場は2759億4500万円だった。2011年は東日本大震災の影響により、前年比1.8%減の2709億400万円になる見込み。ただし、仮想化システムを運用管理するニーズの高まりや、Windows 7を搭載したPCの導入が活発化することにより、2012年からは再びプラス成長に転じるとみられる。