いつでも、どこからでもつながる、災害時に強い電話システムとして、インターネットからの接続が可能なIP電話システム「comsip」を提案する(表1)。関東・関西2カ所のデータセンターにSIP(Session Initiation Protocol)電話システム「comsip SIPサーバー」を設置し、各拠点からWAN経由で利用する構成である(図1)。

表1●日本コムシスの提案
[画像のクリックで拡大表示]
図1●スマートフォンを使って社内外からIP電話を利用
[画像のクリックで拡大表示]

 音声端末としてスマートフォン/タブレット端末を使い、従業員は専用のアプリケーションをインストールし、そこから電話をかける。データセンターとネットワークの2重化によりSIPサーバー環境の耐障害性を高める。同時に、スマートフォンからの通常の携帯電話、閉域網経由での内線IP電話、インターネット上でのIP電話を使い分けられるため、災害時にも何らかの形で通話環境を確保できる。なお端末として固定IP電話機、無線LAN端末の利用も可。個人所有の端末も利用可能なBYOD(Bring Your Own Device)環境を実現する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。