「サーバーの仮想化が普及したことで、かねてから指摘されてきたデータセンターネットワークの“ひずみ”が顕在化しています」と、NTT情報流通プラットフォーム研究所 プラットフォーム方式DP 主任研究員の横関 大子郎氏は指摘する。OpenFlowが必要とされている理由は、この“ひずみ”について理解するとわかりやすい。

 例えばNECビッグローブでデータセンターの運用などを担当する基盤システム本部 システム開発グループ 主任の淀野 直弥氏は、「サービスの変更頻度や複雑化するユーザーニーズに、ネットワークがついていけなくなっています」という。同社のデータセンターでは、ポート数やフロアスペースが不足しそうになった段階で、ある程度大きなレイヤー2ネットワークの単位で増設をかける。ところが、せっかく増設した設備を無駄なく使えないケースがあるというのだ。

 例えば、仮想マシンをライブマイグレーションで動的に移動させる前提の既存サービスがあったとする。このサービスの増強が必要になっても、新しく増設した領域は使えない。別のレイヤー2ネットワークに属すサーバー同士では、ライブマイグレーションができないためだ。こうして増設した領域は空いているのに、既存の領域も強化をしなければならないという二重投資の問題が出てくる。異なるレイヤー2ネットワーク間でリソースを融通しづらいのだ。また、「自社拠点とデータセンターを一つのレイヤー2ネットワークでつなぎたいという法人ユーザーが増えてきましたが、当社のシステム設計では対応するのが難しい状況です」(淀野氏)という課題もある

策はあるがどれも痛しかゆし

 多様な要望に応えるためには、そのニーズに合わせて改めてネットワークを設計・運用するという方法がある。そのほか、導入する機器のベンダーを統一し、高機能な上位機種を採用してプロプライエタリーな機能で対応するという手もあるだろう。とはいえ、前者には人手と時間が、後者には費用がかかる。サービスを迅速に変更しつつ、価格面でも競争しなければならない事業者にとってはどちらも痛しかゆしだ。

 こうした状況で事業者の目にとまったのがOpenFlowである。NECビッグローブ 基盤システム本部 システム開発グループ 主任の川村 聖一氏は、「今まではネットワーク機器の機能や実装への依存度が高く、ユーザーごとの特別な要望への対応は難しいところがありました。それがOpenFlowで柔軟に可能になるかもしれないと、目の前が開ける感じがしました」と語る。

図1●今後のデータセンターネットワークの進化は2種類考えられる
OpenFlowを使うと技術の構成要素はシンプルになる。ただし、規格としては未成熟で、運用ノウハウが蓄積されていないなどの課題を持つ。一方で、既存のネットワーク技術を引き継ぎつつ、拡張する手法もある。こちらは、現在の複雑なプロトコル構成をそのまま引きずるが、枯れた技術であり、性能も出やすいと考えられる。下はNTTデータの馬場達也氏の資料を基に本誌が作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 もちろん後述するように、OpenFlowにも課題はある。最終的にOpenFlowを選ぶかどうかは、事業者の資金力や開発力、ベンダーロックインを是とするかなど経営の方針によって決まる。NECビッグローブでも、現在OpenFlowの“実力”を検証している最中だ。NTTデータ ビジネスソリューション事業本部 ネットワークソリューションビジネスユニット 第一インテグレーション担当 課長の馬場 達也氏はこうした傾向を分析して、「今後のデータセンターの方向性はOpenFlowを活用するタイプと、プロプライエタリー製品が持つ機能や標準化された既存プロトコルの拡張を組み合わせるタイプに二分されるのではないでしょうか」と話す(図1)。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。