スマートフォンの「使いやすさ」やテレビゲームのような「楽しさ」を求めて、システムの使い勝手を改善する企業が増えている。システムの利活用を促進し、業務の生産性を高めるのが狙いだ。10社の実例を基に「快適システム」作りの極意を探る。

目次