国内外でクラウドストレージサービスが相次いで登場している。しかし、これらのサービスが登場する背景や重要性が、国内企業に十分に浸透しているとはいえない。本連載では、クラウドストレージサービスの価値を紹介すると共に、その選択・活用ポイントを紹介する。

 東日本大震災は、国内企業に甚大な被害をもたらした。図1に震災直後の2011年5月下旬に国内企業500社に対し、自社の被災状況について尋ねた結果を示す。

図1●国内企業における東日本大震災の影響
図1●国内企業における東日本大震災の影響

 「特に影響はなかった」という回答は33%にとどまり、3分の2が何らかの被害を受けたことが分かる。「自社の本社や重要拠点が被災」したとする企業は5%強にとどまっているものの、「自社拠点の一部が被災」したり、計画停電に伴う交通機関の麻痺で「業務の一部が停滞」というケースを含めれば、被害に遭った企業の割合はかなり多い。

 このほか部品などの調達先や商品の納入先などの被災によって、事業に影響を受けた企業も多い。影響範囲は東日本のみならず西日本にまで及んだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。