IDC Japanは2012年6月13日、2011年の国内セキュリティ市場規模の実績と2016年までの予測を発表した。これによると、2011年の国内セキュリティ市場において、ソフトウエア製品の市場規模は1856億円、前年比成長率が3.6%となった。一方、セキュリティアプライアンス製品の市場規模は272億円で、前年比成長率がマイナス7.2%、セキュリティサービスの市場規模は6544億円で、前年比成長率が5.9%となった。

国内セキュリティソフトウエア市場 セグメント別売上予測、2011年~2016年
国内セキュリティソフトウェア市場 セグメント別売上予測、2011年~2016年
出典:IDC Japan(2012年6月13日)

 IDCによると、2011年のセキュリティソフトウエア市場は、大震災の影響によってIT支出抑制が強まり、企業や防衛関連、官公庁を狙った標的型攻撃の事件が相次いで発生、セキュリティ脅威への認識が高まったという。また、スマートフォンやタブレット端末に対するセキュリティ対策が新たな市場となるなど、国内セキュリティソフトウエア市場が活性化した。

 IDCでは2012年以降の同市場について、クラウドサービスの利用拡大、スマートフォンなどのモバイル端末の需要拡大などにより、アイデンティティ/アクセス管理やセキュアコンテンツ/脅威管理を中心に需要が拡大するとしている。また、同市場の2011年~2016年における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.3%で、市場規模は2011年の1856億円から2016年には2286億円に拡大すると予測している。

 2011年の国内セキュリティアプライアンス市場は、震災の影響により、市場規模の大きいファイアウォール/VPN(Virtual Private Network)やUTM(Unified Threat Management)の出荷が落ち込み、マイナス成長となった。2012年以降は、モバイルデバイスの普及によるリモートアクセスの増加でこうした製品の需要が拡大することが見込まれる。

 また、巧妙化する標的型攻撃の増加により、IDS/IP(Intrusion Detection System/Intrusion Prevention System)へのニーズが高まるとIDCではみている。IDCでは、市場全体の2011年~2016年におけるCAGRは3.0%で、市場規模は2011年の272億円から2016年には316億円に拡大すると予測している。

 セキュリティサービス市場は、大震災以降、所有からサービス利用への大きな流れによって堅調に成長したとIDC。また、巧妙化した標的型攻撃の急増により、専門性の高いマネージドセキュリティサービスへの需要が高まっているとしている。IDCではこの状況が2012年以降も続くとみており、市場全体の2011年~2016年におけるCAGRは8.5%で、市場規模は2011年の6544億円から2016年には9838億円に拡大すると予測している。