IDC Japanは2012年6月19日、2012年第1四半期(1~3月)の国内サーバー市場動向を発表した。これによると、2012年第1四半期の国内サーバー市場規模は1234億円で、前年同期から4.9%拡大した。出荷台数は14万7000台で、前年同期から4.8%増加した。

2012年第1四半期 国内サーバー市場ベンダーシェア【出荷額】
2012年第1四半期 国内サーバー市場ベンダーシェア【出荷額】
出典:IDC Japan(2012年6月19日)

 今期は、メインフレームとx86サーバーが好調だった。メインフレームは、前期まで8期連続でマイナス成長が続いていたが、今期は金融向けの大型案件が複数のベンダーであり、前年同期比19.5%のプラス成長へと転じた。x86サーバー市場は、同7.0%のプラス成長となった。前年同期は、東日本大震災の影響でマイナス成長となったが、今期はその反動があった。懸念されていたタイの洪水によるハードディスク不足の影響は、軽微にとどまった。

 ベンダー別出荷額では、富士通が首位となった。今期は、メインフレーム、ビジネスサーバー、x86サーバーが好調で、前年同期からいずれも2桁のプラス成長を記録した。メインフレームでは金融向けと製造向けに大型案件があり、ビジネスサーバーはOSIV/XSPを搭載したPRIMEQUEST 1000シリーズが好調だった。またx86サーバーでは、情報サービス向けに大口の出荷があった。

 出荷額2位はNEC。x86サーバーとIA64サーバーが前年同期比でプラス成長となり、x86サーバーは通信キャリア向けと情報サービス向けに大口の出荷があった。3位は日本IBMで、メインフレームは同1.0%のプラス成長を維持したものの、x86サーバーとRISCサーバーがマイナス成長だった。

 4位は日本ヒューレット・パッカード(日本HP)で、ビジネスサーバーが同96.5%増と好調だったものの、x86サーバーとIA64サーバーがマイナス成長だった。5位は3期連続のプラス成長の日立製作所で、RISCサーバー、メインフレーム、x86サーバーがすべてプラス成長だった。6位はデルで、2期連続でプラス成長を維持した。

 一方、出荷台数では、1位がNEC、2位が日本HP、3位が富士通、4位がデル、5位が日本IBMの順となった。