DaaS/SaaSのネットワーク基盤への影響を最小限に抑えながら遠隔印刷を実現できる「Thinprint .print」(ドイツのCortado製)を提案する(表1)。クラウド側に「Thinprint .print Server」を設置。出力対象とするプリントサーバー、プリンターの情報を一元管理する(図1)。

表1●エム・ピー・テクノロジーズの提案内容
[画像のクリックで拡大表示]
図1●すべてをDaaS基盤からの印刷に集約
クラウド上で「Thinprint .print Server」を稼働させると同時に、DaaSまたはクライアント上で「.print Client」を動作させる。
[画像のクリックで拡大表示]

 端末となるパソコンには、専用ソフトの「.print Client」をインストール。印刷を指示すると、Thinprint .print Serverに印刷データを送信。Thinprint .print Serverはデータを圧縮し、プリンターまたはプリントサーバーに送る。

 クラウド環境で利用されているプリンターのベンダー、型番を問わず、一元的な印刷制御ができる。Windows Print Spoolerに対応しているプリンターであればラインプリンター、ラベルプリンター、バーコードプリンターなどでも出力可能である。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。