IDC Japanは7月5日、国内ITサービスの市場予測を発表した。これによると、2012年の同市場は前年比1.6%増の4兆9238億円規模となり、4年ぶりにプラス成長が見込まれるという。また、2011年~2016年の年間平均成長率は1.7%で、2016年の同市場は5兆2817億円になるとIDCでは予測している。

国内ITサービス市場 支出額予測:2010年~2016年(2010~2011年は実績値、2012年以降は予測)
国内ITサービス市場 支出額予測:2010年~2016年(2010~2011年は実績値、2012年以降は予測)
出典:IDC Japan(2012年7月5日)

 2009年以降、国内企業はリーマンショック後の景気後退や東日本大震災、タイの洪水、円高などさまざまな経営環境変化に見舞われ、ITサービス支出を抑制してきた。その範囲は、企業の成長を支える新規戦略投資の中止や延期から、既存のITアウトソーシング、保守サービス契約の値下げ要求、委託範囲見直しにまで及んだ。また、この間国内企業の海外進出に伴いITの支出先が海外にシフトしたことや、クラウドの利用による低価格サービスの利用拡大などにより、国内ITサービス市場の成長が阻害された。

 2011年後半になると、製造業を中心にITサービス支出の回復が見られるようになった。中でも、システム更改案件の再開や、インフラの最適化、事業継続(BC)および災害復旧(DR)に対する投資を中心に回復した。2012年に入ってもこの傾向は継続していることから、IDCは同市場規模について4年ぶりのプラス成長を予測した。

 ただしIDCは、この支出回復は過去3年のマイナス成長に対する反動といった側面が強いとしており、企業が新たな戦略投資を国内向けに増やしているとは言い難い状況だと指摘している。また、欧州債務危機などのため国内景況感は悪化傾向にあり、2012年後半になると回復は鈍化するとしている。

 2013年以降も1%台後半の低い成長率にとどまるとみられるが、その理由としてIDCでは、クラウドのような低価格でのソリューションの利用拡大と、IT支出の海外シフトの加速といった傾向が強まっていくことを挙げている。2016年の国内ITサービス市場は5兆2817億円になるとIDCは予測しているが、これでようやくリーマンショック以前の規模を回復することになるという。