この特集では、Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/A5 Powered by Windows Azure(以下、FGCP/A5)の概要から始まり、運用ツール、開発ツールとFGCP/A5を使ういろいろな局面を紹介してきました。読者のみなさんはFGCP/A5に対してどのような印象をもったでしょうか。

 「Windows Azureの富士通データセンター」のように思っていた人はWindows Azureとは別の独立したAzure型パブリッククラウドであり、過去に富士通製品を使ったことがある方であれば富士通色にAzureとは違う安心感を持たれたのではないでしょうか。また「違うものでしょ?」と思われていた人は意外にもWindows Azureと同じ部分が多く驚かれたのではないでしょうか。

 最終回となる今回は、FGCP/A5関連として富士通が提供しているサービスの中でも、Windows Azureに対してマイクロソフトが提供していないようなサービスについて紹介します。最後に導入を判断するための材料として、Windows Azureとの価格比較もしてみます。

導入から運用までワンストップで提供するFGCP/A5

 富士通がFGCP/A5で提供しているサービスは図1の範囲です。

図1●FGCP/A5の提供するサービス群
[画像のクリックで拡大表示]

 FGCP/A5を自社データセンターで富士通が運用している強みは、このように導入から運用までワンストップで富士通に依頼できる点にあるでしょう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。