FGCP/A5のアプリ開発は、簡単に言えばWindows Azure向けに作成したアプリのデプロイ先をWindows AzureではなくFGCP/A5にするだけです。つまり、Windows Azureアプリ開発と何ら変わらないはずです。

 今回は、おさらいも兼ねてVisual StudioのWindows Azureアプリ開発環境を構築し、簡単なASP.NET MVC 3アプリを作成してFGCP/A5にデプロイし、実際に同じように開発できるかを確認してみます。

 FGCP/A5管理ポータルの[作業の開始]メニューを見ると、FGCP/A5アプリを開発するために必要な作業についての説明があります(図1)。今回はここにかかれた手順に基づいて作業を進めてみましょう。

図1●FGCP/A5管理ポータルアプリにある開発手順の表示
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。