前回は「Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/A5 Powered by Windows Azure」(以下、FGCP/A5)の概要と、利用するための契約についてまでお話ししました。FGCP/A5を使う契約が完了してFGCP/A5管理ポータルにログインできる準備ができたら、さっそくログインしてWindows Azureの管理ポータルと比べてみましょう。

管理ポータルの画面はほぼ同じ

 FGCP/A5管理ポータル(図1)とWindows Azure管理ポータル(図2)を見比べると分かるように、両者は非常によく似ています。FGCP/A5管理ポータルの使い勝手は、Windows Azure管理ポータルとほぼ一緒です。そのため、Windows Azure管理ポータルを使ったことのある人ならば、違和感なくFGCP/A5管理ポータルも使うことができるでしょう。

 ただし、FGCP/A5では[データ同期]、[レポート]、[仮想ネットワーク]がまだサポートされていません。このため、FGCP/A5管理ポータルの左側のペインには、この3つのアイコンがありません。

図1●FGCP/A5管理ポータル
[画像のクリックで拡大表示]
図2●Windows Azure管理ポータル
[画像のクリックで拡大表示]
図3●HTML5ベースに生まれ変わったWindows Azureの新管理ポータル
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows Azure管理ポータルは2012年6月アップデートでHTML5ベースに変更になりました(図3関連記事)。ですが、FGCP/A5管理ポータルはまだ従来のSilverlightベースの管理ポータルだけで、HTML5ベースのものは提供されていません。これは、Windows Azure側で変更されたものは、富士通で検証してからFGCP/A5で提供するというポリシーがあるからです。数カ月のタイムラグはあるかもしれませんが、今後はFGCP/A5の管理ポータルもHTML5ベースのものが提供されると思われます。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。