FGCP/A5は、マイクロソフトのパブリッククラウドである「Windows Azure Platform」を使って、富士通が2011年8月1日にサービス提供を開始したクラウドサービスです。米マイクロソフトとの戦略的協業に基づき、世界初の自社ブランドによるWindows Azureパブリッククラウドの提供を開始しました。FGCP/A5はWindows Azureの技術を使いながら、Windows Azureとはまったく別の富士通のクラウドという位置づけです。この特集では、具体的にどこが同じで、どこが違うのかを見ていきましょう。