「部品表(BOM)」のない「部品」メーカー

 ところで、筆者が身を置いた部品メーカーで、ある機種を開発していたときのこと。その機種がいよいよ量産に入るための最後の承認会議が開かれた際、その席上でまたしても「前回の設計変更」に匹敵する驚愕の発言があった。生産管理部門の課長が「この機種の部品構成表は一体いつ頂けるのですか? それが頂けないと部品手配ができませんよ!」と言ったのだ。

 部品メーカーにも、その製品を構成する部品を供給するべく複数のサプライヤーがあり、それぞれのサプライヤーは日常的に、樹脂成形やプレス成形で「部品の部品」を製造している。そこに割り込んで、新製品の構成部品も供給もらうよう依頼しなければならない。というより、この部品メーカーのサプライヤーについていうと、過去の55年の歴史の累積による既存機種のための部品の供給で非常に多忙である。新製品分の部品がいつどれほどの量だけ必要となるのか、ということは特に早めに伝えておく必要があり、それがない限りサプライヤーは対応できるわけがない。

 この部品構成情報がないという事態は、ITを使っているかどうか以前の問題だが、それに加えてIT化の問題もある。筆者は前述の通り、「情報のデータ化」はその情報の流れの上流側から適用しないと意味がない、と考えている。上流からデータが流れてこないのに、下流側だけITを導入することは意味がないため、そんなIT導入を進める企業があるわけがない、とすら思っていた。ところが上記のやりとりは、その「常識」に真っ向から反する事態が現実に存在することを意味するものだった。

 この部品メーカーは、下流システムに当たるERPは導入していた。ERPシステムでは、部品構成情報が登録されていないと部品手配の処理ができない。だからその部品構成情報が欲しい、と生産管理の課長が主張したわけだ。

 それにもかかわらず、承認会議の土壇場で部品構成表がないという事態がいかに異常か、という認識がこの企業にはあまり見られなかった。本質をとらえることなくコンピュータ化を実施してしまうと、個々の業務がルーチン化してしまい、担当者にとって業務の意味を見出しにくくなってしまう。その結果、業務のために業務を遂行するような状態になり、このような本末転倒も発生してしまうのだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。