6種類のアセンブリ図面の1つ、「製品別部品表」の内容は、一般的には部品表・BOM(Bill Of Materials)に材料欄として記載される情報に相当する。ただこの部品メーカーでは、部品表は部品表として、それとは別にアセンブリ図の1つとして製品別部品表という名の独立した図面を使う。

 本連載第1回で、部品メーカーは多様な顧客ニーズに応えるために、理論上何百万種類ものバリエーションを扱うようになった、と述べた。たとえ製品1つひとつの部品点数が少なくても、部品同士の組み合わせから発生するバリエーションは膨大である。この部品メーカーは創業直後からバリエーションを管理する必要に迫られ、その手立てとして製品別部品表という名の図面を独立して運用するようになった、と思われる。

 さらに特徴的なのが「分析図」だ。分析図とは、多種多様な製品バリエーション(仕向け)を構成する部品すべてを鳥瞰図で一覧できるように表現した集合図のことである。例えばA、B、Cと3つの部品から構成される製品で、Aには2つのバリエーション、Bは必ず1つの形状、そしてCは3種類の形状バリエーションが存在する場合、A1 A2 B C1 C2 C3 というように合計6種類の各部品形状がまとめて1枚に表記される、という、これもアセンブリ図面の1つである。

 本連載の前回で、この部品メーカーにはBOMという概念が無かった、と書いた。もしかしたら、多様なニーズに応えるサプライヤーとしての性格が管理を煩雑なものにし、BOMというシンプルな概念と相容れるところが少なかったのかもしれない。しかし逆に言えば50年も前、3文字単語に代表されるIT化が声高に叫ばれるはるか以前に、人間系の知恵と工夫で何とか管理をしてきた名残がこれら多様なアセンブリ図に見られる、とも言えるのだ。

 問題は、これらの木目細かい先人の工夫をいかにITに落とし込んでいくのか、である。これは歴史が長いほど困難になっていく、というのは言うまでもないだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。