もう1つ、部品メーカーの図面に関して指摘できるのが、幾何公差が使用されていないという実情である。このことは、意外と多くの部品メーカに共通して見受けられるようだ。改めてそのコンセプトからよくよく考えてみれば、幾何公差という概念こそセットメーカー目線の産物以外の何者でもないのではないだろうか?

 部品メーカーとはその名の通り、ひたすら部品を作る。これをアセンブリして所望される機能を実現するのがセットメーカーの使命だ。その際、部品にはものづくりの必然として、確率的に出来上がり形状にバラつきができるため、そのバラつきを制御してアセンブリを成立させる範囲内に抑える必要が出てくる。これを担うのが幾何公差である、というのは常識だったはずだ。

 部品は当然、正確性が求められ、寸法はある範囲でキッチリ出来上がるべきものだが、これをアセンブリするときは寸法にバラつきがあるのを前提にしなければならない。そのバラつきを制御するために、例えば一カ所を固定したら他の場所は逃がす、そうすることで姿勢を制御する余地を生み出す。姿勢を制御された部品と、他の姿勢制御された部品がある幾何的な位置関係に収まってくれれば機能が成立する、というようにするのはセットメーカー必須の設計手法である。

 セットメーカー側にはあらゆる部品が集結してくるわけであるから、どの部品とどの部品がどういう位置関係にあるべき、というのが客観的に見えるし、それを制御することそのものが設計であるともいえる。だからセットメーカーには、幾何公差を適用するための十分な理由と動機がある。

 ところが部品メーカー側では、これが見えない。自社の製品(部品)がどのセットメーカーのどこに使われて、またどこの企業の部品と組み合わされるか? などはむしろ不明な事の方が多い。従って、あくまで自分で制御できる範囲内で寸法を管理するしかないケースが圧倒的に多い。

 というより、組み合う相手に応じて相性を盛り込んだ設計の部品では、製品の汎用性がスポイルされてしまうのである。汎用的な部品を供給するサプライヤーとして、自社なりに寸法を管理することは、まさにサプライヤーたる所以でもあったのだ。

 もちろん自動車業界に見られるように、設計段階からセットメーカーと緊密に協力してえ作業を進める体制で、番線いくつあたりの部品はどういう姿勢にすべき、というのが機能として求められる状況では、幾何公差が当然管理対象として入ってくる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。