目次

  • 1Uで奥行30cmとコンパクトなNAS構築キット

     台湾Synologyの「RackStation RS819」は、省スペース型のNASストレージ構築キットである。1Uラックマウント型のきょう体に、3.5/2.5インチSATAドライブを4基まで搭載可能。シャーシの奥行きは約300ミリメートルである。

  • Azure Stackで仮想環境を構築するための垂直統合システム

     「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Microsoft Azure Stack」は、Azureと同じ操作性のプライベートクラウドをオンプレミスに構築するためのシステム製品である。検証済みのハードウエアとクラウド運用ソフトのAzure Stackと組み合…

  • コンソール接続とIP接続(SSH/Telnet)を仲介する装置

     セイコーソリューションズの「SmartCS」は、ネットワーク機器に対するコンソール接続を束ねるコンソールサーバー機である。IPネットワークによる端末接続(SSH/Telnet)を仲介し、コンソール接続でつながっているネットワーク機器を操作できる

  • クラウド型のWebセキュリティゲートウエイ

     キヤノンマーケティングジャパンの「Security Gate for Proxy」は、安全にWebにアクセスできるようにするクラウドサービスである。Webアクセスを介した情報漏えいを防ぐゲートウエイ型のセキュリティソフト「GUARDIANWALL WebFilter」をクラウド型で提供する。

  • 既存のSQLが移行後のRDBMSで動くかどうかテストするツール

     インサイトテクノロジーの「Insight Database Testing V1.0」は、RDBMSを別のRDBMSに移行する作業を支援するツールである。既存のSQLが移行後のRDBMSでも利用できるかどうかを、実際に試してテストできる。仮想アプライアンスの形で提供する。

  • 不審な通信を検知・通知する工場向けのネットワーク監視ソフト

     イスラエルSCADAfenceの「SCADAfenceプラットフォーム」は、工場やビルのネットワークを監視し、不審な通信を検知した際にはセキュリティ担当者に通知するソフト。

  • センサーデータをクラウド上で可視化するIoTシステム構築キット

     東京エレクトロンデバイスの「Azure IoTキット-920」は、センサーデータを収集して可視化するために必要な道具立てを一式パッケージ化した、IoTシステム構築キット。

  • 製造現場の生産性を可視化して改善するIoTサービス

     NTTドコモの「docomo IoT製造ライン分析」は、製造現場の生産性を改善するIoTサービス。製造機械に取り付けた加速度センサーで振動を計測し、機械の稼働状況を可視化する。

  • 各種データソースからデータウエアハウスにデータを渡すミドルウエア

     米Fivetranの「Fivetran」は、各種のデータソースから抽出したデータをデータウエアハウス(DWH)に反映するミドルウエア。SaaS型クラウドサービスとして提供する。

  • PCの操作内容から課題を抽出して業務を改善するソフト

     MeeCapの「MeeCap」は、日常業務におけるパソコンの操作内容から、生産性の低下、業務分担の偏り、ナレッジの散逸といった課題を可視化するソフト。非効率的な業務を改善できる。RPA導入時の業務プロセスの分析などにも適する。

  • 複数のログを収集・分析するクラウド型のサイバー攻撃対策

     パロアルトネットワークスの「Cortex」は、マルウエアなどによる不正な攻撃に対処するための諸機能を提供するクラウドサービスである。

  • 手書き帳票のPDFをクラウド上でテキスト化するサービス

     ビーウィズの「ANNIM(アニム)~みんなで使って育てるAI-OCR」は、1カ月あたり数十枚から数百枚といった小ロットのデータ入力を代行する、小規模のBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスである。

  • クラウド型のテレカンファレンス(遠隔会議)サービス

     NTTコミュニケーションズの「COTOHA Meeting Assist」は、クラウド型で動作する、テレカンファレンス(遠隔会議)サービスである。パソコンやスマートフォンからクラウドにログインした状態で、音声による会議ができる。

  • 業務の工数や勤務実態を可視化するクラウドサービス

     NECの「働き方見える化サービス」は、業務の工数や勤務の実態を可視化するクラウドサービスである。業務内容を報告する機能、勤務時間を申請/承認する機能、パソコンの利用状況を可視化して勤務実態を把握する機能、などで構成する。

  • プロジェクトの工数や進ちょくを管理するソフト

     デンソークリエイトの「TimeTracker NX 4.2」は、プロジェクトの工数や進ちょくを管理するソフト。現場担当者が簡単に使えることに注力している。Webアプリケーション型で動作する。

  • DevOpsの開発スタイルを支援するサービス群

     日立ソリューションズの「DevOps推進ソリューション」は開発と運用が密に連携するDevOpsの開発スタイルを支援するサービス群。開発プロセスの課題を分析・検証するサービスから、システム開発環境の整備まで、DevOpsの導入を支援する。

  • クラウドで利用できるAI-OCRサービス

     TISの「Paper Searcher」はクラウドで利用できるAI-OCRサービス。資料をスキャンしてPDF化した上でクラウドにアップロードするだけで、手書きの文字をテキストデータ化できる。

  • Web画面をマウスオーバーするだけで関連情報を表示できるBIソフト

     マイクロストラテジー・ジャパンの「MicroStrategy 2019」は用途の広さが特徴のBIソフト。売上分析から需要や在庫の予測までカバーする。データ分析の専門家、経営者、現場担当者など、それぞれの立場に向けた分析/レポート機能を提供する。

  • 監視カメラ映像をモバイル通信でクラウドに録画するシステム

     フリービットの「クラウド録画」は監視カメラ映像を録画する機能をクラウド型で提供するサービス。撮影映像は監視カメラを束ねたルーターからモバイル閉域網を介してクラウドに保存する。

  • 会話内容を音でマスクしてプライバシーを守る音響システム

     ヤマハの「スピーチプライバシーシステム」は会話内容をマスキング音などでカモフラージュする手法で、プライバシーを守る製品。独自の情報マスキング音を発生させる装置とスピーカーをセットにして提供する。