IDC Japanは2012年8月14日、日本国内におけるクライアントPC市場出荷実績値を発表した。これによると、2012年第2四半期(4月~6月)の国内クライアントPC出荷台数は、ビジネス市場が178万台で前年同期比1.2%増、家庭市場が207万台で同比2.4%減、両市場の合計出荷台数は385万台で同比0.8%減となった()。

図●2012年第2四半期国内クライアントPC出荷台数トップ5ベンダーシェアと対前年成長率(実績値)
図●2012年第2四半期国内クライアントPC出荷台数トップ5ベンダーシェアと対前年成長率(実績値)
出典:IDC Japan(2012年8月14日)

 2012年第1四半期(1月~3月)では2桁成長となったビジネス市場も、流通在庫の調整や欧米の経済の先行き不透明感から出荷が鈍り、前年同期比1.2%増にとどまった。また家庭市場では、デスクトップPCのマイナス成長(同比15.1%減)が響き、2.4%減のマイナス成長となった。結果、2012年第2四半期のクライアントPCの総出荷台数は、2012年第1四半期の前年同期比9.9%増から減速し、同比0.8%減のマイナス成長となった。

 ベンダーのシェアは、2012年第1四半期から順位に変動はなく、1位がNECレノボグループ、2位が富士通、3位が東芝、4位が日本ヒューレット・パッカード(HP)、5位がデルとなっている。

 NECレノボグループは2011年7月の統合後、部材調達コストの削減、技術の共有化、オペレーションの効率化などで成果を上げ、国内出荷台数の約4分の1のシェアを維持している。富士通は、ビジネス市場では健闘したものの、家庭市場向け出荷がふるわずマイナス成長となった。東芝は、ビジネス市場、家庭市場ともにプラス成長となった。

 HPは、家庭市場におけるデスクトップPCの出荷が不調でマイナス成長となった。ビジネス市場も、チャネルの在庫調整の影響からマイナス成長となった。デルは、ビジネス市場でプラス成長を維持したものの、前期に続き家庭市場が振るわなかったためマイナス成長となっている。