IDC Japanは2012年11月27日、2012年上半期(1月~6月)の実績調査をもとに国内クライアント仮想化市場について分析した結果を発表した。

 これによると、2012年の国内クライアント仮想化ソリューション市場は前年比51.4%増の3794億円規模となり、2016年には6666億円まで拡大。2011年~2016年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は21.6%で推移するという。

 2012年の法人向けクライアント端末における仮想化導入率は20.2%で、2016年には40.4%まで到達するとIDCは予測している()。

図●国内法人向けクライアント仮想化市場の導入率予測(2011年~2016年)
図●国内法人向けクライアント仮想化市場の導入率予測(2011年~2016年)
出典:IDC Japan(2012年11月27日)

 2013年に法人向けPC買い替えサイクルのピークを迎えること、また2014年にはWindows XPのサポートが切れることから、ユーザー企業はクライアントデバイスおよびOSを含むクライアント環境を再検討するだろうという。そのユーザーの一部が、シンクライアントあるいはクライアント仮想化に移行すると考えられ、2012年下半期(7月~12月)から法人向けクライアント環境における仮想化の実装は徐々に高まっていくとIDCはみている。

 一方、国内クライアント仮想化ソフトウエア市場の2012年上半期における出荷ライセンス数は、前年比35.2%増の60万ライセンスとなった。2012年通年では前年比37.1%増の129万ライセンス、2016年には227万ライセンスまで増加するとIDCでは予測、2011年~2016年のCAGRを19.3%とみている。

 国内シンクライアント専用端末の2012年上半期の出荷台数は、前年比72.9%増の17万台となった。2012年通期では前年比81.4%増の37万台、2016年には59万台に達すると予測。2011年~2016年のCAGRを18.7%と予測している。