Windows Server 2012では、新しいReFS(Resilent File System)というファイルシステムが追加されている。将来的には、ReFSは現在のNTFSに変わるものになるが、当面はNTFSと共存となる。これは、ファイルシステムを変更すると、様々なアプリケーションに影響があるためだ。

NTFSとの互換性を保ちながら機能を追加

 Windows Server 2012のReFSは、データボリュームのファイルシステムとして採用されている。そのため、OSの起動などは行えない。また、ReFSは、クライアントOSのWindows 8には搭載されていない。

 マイクロソフトでは、Windows Server 2012の次バージョンでReFSからのOSブートをサポートし、この段階でクライアントOSにもReFSをインプリメントする。ただし、クライアントOSのReFSでOSブートが行えるのは次々バージョンとなる予定だ。やはり、ファイルシステムの変更は、非常に時間がかかるということだろう。将来的にはReFSに移行する方針でも、アプリケーションの互換性などが大きな問題となるため、大容量ボリュームのリクエストが強いサーバーからまずは先行する形になる見込みだ。

 ReFSで大きな問題となるのが、ファイルアクセスのAPI互換性だ。新しい機能をいれるなら、新しいAPIを規定する必要がある。ただ、全面的に新APIを導入すれば、既存のアプリケーションの動作が問題になる。

 そこで、ReFSでは、APIレベルでNTFSのAPIがそのまま利用できるようにプログラミングされている(図1)。

図1●ReFSはカーネルの部分でNTFSと互換性を持つように開発されている
[画像のクリックで拡大表示]

 これにより、ReFSはNTFSと高い互換性を保っている。ただし、ReFS独自の機能などのために、いくつかのAPIレベルで機能が追加されており、互換性がない部分もある(図2)。

図2●ReFSはWin32 APIと互換性を保っているが、いくつかの点でWin32APIと互換性がない部分もある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。