IDC Japanは2012年12月27日、モビリティ、クラウド、ビッグデータ、ソーシャル技術の4つの要素で構成される「第3のプラットフォーム」の国内における市場規模と今後の予測を発表した。

 これによると、2012年の国内第3のプラットフォーム市場の規模は5兆8472億円で、前年比成長率は18.5%となった。一方、クライアント/サーバーシステムに代表される「第2のプラットフォーム」の国内市場規模は18兆9006億円で、前年比成長率は3.8%減となった。IDCでは、第2のプラットフォーム市場は年々規模が縮小し、IT支出が第3のプラットフォーム市場へシフトするとしている()。

図●国内第3のプラットフォーム市場と国内第2のプラットフォーム市場の実績と予測(2011年~2016年)
図●国内第3のプラットフォーム市場と国内第2のプラットフォーム市場の実績と予測(2011年~2016年)
出典:IDC Japan(2012年12月27日)

 第3のプラットフォームは、4要素のいずれの分野も国内の前年比成長率が2桁にのぼった。特にクラウド、ビッグデータ、ソーシャル技術は30%を超える成長となった。

 IDCでは、国内第3のプラットフォーム市場の2011年~2016年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を7.9%、2016年の同市場の規模を7兆2248億円と予測している。

 一方で、国内第2のプラットフォーム市場の2011年~2016年のCAGRはマイナス2.1%で、2016年の同市場の規模は17兆6829億円になるという。

 IDCは、第3のプラットフォームの4要素は相互に連携し、第2のプラットフォームとは異なる新たなプラットフォームを形成するとする。企業などのITシステムは第2のプラットフォームを基盤としたものから第3のプラットフォームを活用したものへと変化していくと予測している。