SugarSync 2.0のWeb管理画面
SugarSync 2.0のWeb管理画面
[画像のクリックで拡大表示]
SugarSync 2.0のクライアントソフト画面
SugarSync 2.0のクライアントソフト画面
[画像のクリックで拡大表示]

 BBソフトサービスの「SugarSync 2.0」は、バックアップ機能と同期機能などを強化した、5Gバイトまで無料のオンラインストレージサービスである。パソコンやスマートフォン、タブレット端末など様々なプラットフォームで使える専用ソフトを用意。これら端末にある専用フォルダがオンラインストレージを介して自動的に同期するのが特徴である。利用できる端末は、Windows XP/Vista/7/8、MacOS X 10.6以上、iOS 3.0以上、Android 1.5以上、BlackBerry 4.2以上、SymbianOS S60 5Edition以上、Windows Mobile 5/6(β版)など。

 2.0ではユーザーからの要望が多かったファイル検索機能と、クラウド上のデータを一括管理する仮想ドライブ機能「SugarSyncドライブ」を追加した。Webアプリも機能拡張し、デスクトップアプリと同等の同期設定が可能となった。

 ユーザーは、同社のサイトから専用クライアントソフトをダウンロードしてインストールする。すると、例えばWindowsクライアントの場合、デフォルトで「マイドキュメント」フォルダ内に「マジックブリーフケース」というフォルダと、デスクトップにマジックブリーフケースフォルダへのショートカットが作成される。SugerSyncは、デフォルトでこのマジックブリーフケースフォルダを介してオンラインストレージとファイル/フォルダを共有・同期しているが、同期するフォルダは自由に選択・追加できる。

 ユーザーが、デスクトップのマジックブリーフケースフォルダにファイル/フォルダをドラッグ&ドロップすると、ファイル/フォルダが自動的にオンラインストレージ上にコピーされ、同期する。クライアントソフトを起動すると(パソコンを起動すると)、自動的に同期処理が行われるので、常に最新の状態で共有できる。

 専用クライアントソフトは、バックアップ専用機能も提供する。マジックブリーフケースフォルダに起動ドライブ(Windowsでは通常Cドライブ)全体を入れ、起動ドライブ全体をバックアップすることも可能。

 なお、招待した新しい友人がSugerSyncに登録、インストールするごとに、自分と友人のそれぞれに無料版への登録で5500Mバイト、有料版への登録で9.5Gバイトのボーナス容量(最大32Gバイト)が加算される。また、2013年3月末までは、全プランで利用料を1年間20%割り引くキャンペーンを実施。

SugarSync 2.0の概要
主なサービス内容バックアップ機能と同期機能などを強化した、5Gバイトまで無料のオンラインストレージサービス。専用フォルダがオンラインストレージを介して自動的に同期するのが特徴。起動ドライブ(Windowsの場合は通常、Cドライブ)のバックアップも可能。
価格(税込み)無料(5Gバイト、最大32Gバイト)、525円/月(30Gバイト)、1050円/月(60Gバイト)、1575円(100Gバイト)、2625円/月(250Gバイト)、4200円/月(500Gバイト)。いずれも税込み価格。2013年3月末までは、キャンペーン期間で全プラン1年間20%割引
発表2013年2月14日
提供開始2013年2月14日