StorageTek LTO 6 Tape Driveの外観
StorageTek LTO 6 Tape Driveの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 日本オラクルの「StorageTek LTO 6 Tape Drive」は、テープバックアップの現行規格であるLTO-6規格に準拠したテープドライブである。同社のテープライブラリー3製品(SL150、SL3000、SL8500)に搭載するドライブとして利用できる。前世代(LTO-5)と比べて、1巻当たり容量を約2.1倍に増やし、データ転送速度を約15パーセント高速化した。

 テープカートリッジ1巻当たりの容量は、2.5倍データ圧縮時に6.25Tバイト(非圧縮時に2.5Tバイト)で、データ転送速度は最大160Mバイト/秒である。これに対して、前世代(LTO-5)のドライブは、2倍圧縮時に3Tバイト(非圧縮時に1.5Tバイト)、転送速度は最大140Mバイト/秒だった。

 テープライブラリー製品をLTO-6ドライブだけで構成した場合の最大データ容量は、それぞれ以下の通り。「StorageTek SL150 Modular Tape Library」(最大300カートリッジ)は1.87ペタバイト。「同SL3000」(最大5925カートリッジ)は37ペタバイト。「同SL8500」(最大1万88カートリッジ)は63ペタバイト。

 なお、テープライブラリーのうち上位のSL3000とSL8500は、LTO方式のドライブのほかに、米オラクル(Oracle)独自方式のドライブ「StorageTek T10000C」(1巻当たり容量は5Tバイト、転送速度は最大240Mバイト/秒)をLTOドライブと混在させて利用できる。

StorageTek LTO 6 Tape Driveの概要
1巻当たりの容量2.5倍データ圧縮時に6.25Tバイト(非圧縮時に2.5Tバイト)
データ転送速度最大160Mバイト/秒
対応するテープライブラリーSL150SL3000SL8500
ドライブの価格(税別)73万8587円202万6957円243万8045円
発表日2013年2月18日
出荷日2013年2月18日