自社開発のERP・業務アプリケーションを利用する企業が減少傾向にある。各業務アプリケーションのユーザー数を母数として「自社開発システムを現在利用している比率」と「次期システムも自社開発システムを利用する意向の比率」を矢野経済研究所が調査した。全対象分野において、自社開発システムの利用意向が、現在の利用率を下回った。販売管理や生産管理などの分野でも、今後はパッケージソフトの導入が進みそうだ。

業務アプリケーションの自社開発意向
[画像のクリックで拡大表示]