ITツールを用いて設計検討を前倒しで実施するフロントローディングは、短い期間で良い製品を開発する上で王道ともいえる方法だ。しかし、その検討を実施するのは誰かといえば大抵、設計者自身。生産技術部門や購買部門の担当者が検討を始める前に、独自に製造性やコストなどの情報を収集し、検討を始めるというスタイルになる。

 これは、生産技術や購買の担当者が担っていた仕事の1つが設計者に移る、つまり設計者の仕事が増えることを意味する(図1)。一つひとつの検討に時間をかけられず、甘くなって手戻りを誘発しかねない。

図1●フロントローディングで忙しくなる設計者
イラスト:モリナガカツトシ
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、設計初期にはまだ情報が少ないため、設計上のさまざまな決定のための情報が十分に得られない。仮に情報が得られても、後で状況が変わる可能性もある。従って、早期に検討して設計内容を決定すればそれでよい、とはいえない。

 いずれにしても、現在のやり方でフロントローディング本来の目的である「手戻りの削減」が十分に実現できるかというと、疑問がある。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。