ファイルの保管場所や共有場所として重宝するオンラインストレージ。ただ、心配なのが情報漏洩。第三者に勝手にアクセスされることを心配するユーザーは少なくないだろう。

 実際、個人情報などを収めた大事なファイルが、意図せず公開されるケースは多い(図1)。

図1●自分でさらすケースが相次ぐ
あるオンラインストレージで公開されていたファイルの例(個人情報の部分は編集部で修整)。何らかの名簿だとみられるものの、誰でもアクセスできる状態になっていた。
[画像のクリックで拡大表示]

 そのほとんどは、ユーザーの設定ミスが原因。オンラインストレージの多くでは、初期設定では、ファイルをアップロードしたユーザーしか閲覧できない設定になっている。

 だが設定を変更すると、検索サイトなどを経由して、第三者によって、大事なファイルにアクセスされる危険性がある(図2)。

図2●ファイルの公開設定に注意
Googleドライブ(左)とSkyDrive(右)の設定例。いずれのサービスでも、初期設定では、ファイルをアップロードした本人以外は閲覧できない。だが、設定を変更すれば、誰でも検索や閲覧ができるようになる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。