WZR-1750DHPの外観
WZR-1750DHPの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 バッファローの「WZR-1750DHP、WZR-1166DHP」は、改正された電波法関連規則に準拠したWi-Fi(無線LAN)ブロードバンドルーターである。次世代規格IEEE802.11ac(ドラフト)に準拠した。

 IEEE802.11acに対応するため、帯域幅を従来のIEEE802.11nと比べて40Hzから最大4倍の160Hzへ、変調信号を64QAMから256QAMへ、電波の多重方式(MIMO方式)を4×4MIMOから8×8MIMOに変更した。これにより、最大約915Mビット/秒の高速通信が可能(WZR-17500DHPの実測値)となった。

 製品は、5GHz帯で最大1300Mビット/秒、2.4GHz帯最大450Mビット/秒のWZR-17500DHPと、5GHz帯で最大866Mビット/秒、2.4GHz帯で最大300Mビット/秒のWZR-1166DHPで構成する。どちらも、5GHz帯はIEEE802.11ac/n/a規格、2.4GHz帯はIEEE802.11n/g/b規格をサポートするので、スマートフォンやタブレットなど既存のWi-Fi対応機器と通信できる。

 搭載しているLAN端子は、LAN側4ポート、インターネット側1ポートのギガビットイーサネット端子。USB端子を搭載しており、USB端子にハードディスクやUSBメモリーなどを接続して共有できる「デバイスサーバー」機能を搭載する。

 そのほか、スマートフォン/タブレットから操作可能な管理画面、ボタンを押すだけでネットワークの初期設定を行う「AOSS2」、動画/音声/ゲームなど通信の種類に応じて通信の優先順位を設定する「QoS」機能を搭載する。QoS機能を使えば、動画サービスなど特定用途を優先するネットワークを構築可能。

WZR-1750DHP、WZR-1166DHPの概要
主な製品内容改正された電波法関連規則に準拠したWi-Fi(無線LAN)ブロードバンドルーター。IEEE802.11acに対応するため、帯域幅を従来のIEEE802.11nと比べて40Hzから最大4倍の160Hzへ、変調信号を64QAMから256QAMへ、電波の多重方式(MIMO方式)を4×4MIMOから8×8MIMOに変更した。これにより、最大約915Mビット/秒の高速通信が可能(WZR-17500DHPの実測値)となった
価格WZR-1750DHP(親機):2万2050円、同/E(親機+中継器/子機):4万2210円、WZR-1166DHP(親機):1万8690円、同/U(USB2.0用子機セット):2万4360円、
同/E(親機+中継器/子機):3万5490円(いずれも希望小売価格、税込み)
発表2013年3月27日
提供開始WZR-1750DHPが2013年3月下旬、同/Eが2013年4月下旬、WZR-1166DHP、同/U、同/Eが2013年5月下旬