IDC Japanが発表した国内パブリッククラウドサービスの市場予測によると、2012年の同市場規模は前年比44.8%増の933億円になったという()。

図●国内パブリッククラウドサービス市場 セグメント別売上額予測(2012年~2017年)
図●国内パブリッククラウドサービス市場 セグメント別売上額予測(2012年~2017年)
出典:IDC Japan(2013年4月1日)

 IDCでは、同市場が今後も拡大すると見ている。市場規模の拡大に伴い前年度比成長率は2012年がピークとなるが、2012年~2017年の年間平均成長率は27.8%で、2017年の市場規模は2012年比3.4倍の3178億円になると予測している。

 市場拡大の背景には、東日本大震災の影響で堅牢性と障害対策面からパブリッククラウドサービスが注目されたことや、ユーザー企業が同サービスの持つ先進的な機能への理解を深めたことなどがある。パブリッククラウドサービスの先進的な機能としては、情報系アプリケーションのモバイル対応やソーシャルネットワークとの連携、インフラサービスでの設定/バックアップ/ログ管理の自動化などがある。2013年以降は、適用するシステム領域の多様化と利用量の拡大が見込まれるという。

 ユーザー側では、クラウドを用いたIT導入を優先的に検討する「クラウドファースト」を推進する企業が増加している。特にコラボレーティブやCRMアプリケーション、バックアップ/リカバリサイト、一般消費者向けWebシステムなどの領域でクラウドファーストが浸透しているという。

 一方、ベンダーは、これまでのように技術を中心とした事業開発ではなく、ユーザーが求める価値を中心とした特化型ソリューションを提供することが重要だとIDCは指摘している。