企業ネットワークには、もう何年も変革らしい変革はない。スイッチでネットワークを構成し、バーチャルLANを使ってセグメントを分け、セグメントや拠点の間は主にIPで接続する──。ごく当たり前のネットワーク設計だ。ところが最近、こうした従来のネットワークおよび設計法に不満を抱くユーザーが急激に増えてきた。原因はサーバー仮想化技術の活用が進んでいること。サーバーリソースを柔軟に利用し、運用効率を高められるサーバー仮想化技術のメリットを、ネットワークが打ち消してしまう。中長期的な解決策は、「ファブリックスイッチ」や「オーバーレイネットワーク」という新たな仕組み。短期的なネットワーク設計見直しのポイントを含め、これからの企業ネット設計を考える。