国内データセンター建設市場の投資額予測 出典:IDC Japan(2013年4月16日)
国内データセンター建設市場の投資額予測 出典:IDC Japan(2013年4月16日)
[画像のクリックで拡大表示]

 IDC Japanは2013年4月16日、国内データセンターの新設投資の現状や今後の予測を発表した()。

 2012年のデータセンター新設投資は、前年比11.5%増の2157億円になった。投資増加の要因としてIDCは、東日本大震災後に情報システムの災害対策強化としてデータセンターを利用する動きが活発化していることを挙げる。

 データセンターの新設投資を急増させたのは、クラウド事業者などITベンダーのデータセンター(事業者データセンター)が中心だ。2012年の事業者データセンターの新設投資は前年比15.5%増の1313億円で、累積延床面積も12年の1年間で9.6%増加し、170.5万平方メートルに達したとIDCでは推定している。

 金融機関や製造業など一般企業でのデータセンター(企業内データセンター)は、2012年の新設投資は前年比5.8%増の844億円にとどまった。一部の大手金融機関や製造業などでデータセンター新設投資が拡大しているものの、アウトソーシングやクラウドサービスの利用へ移行する傾向が強いため、事業者データセンターの投資と比べると拡大は遅いとIDCではみている。

 IDCでは、国内データセンターの新設投資は今後も増加するとしており、2012年から2017年までの年間平均成長率は3.4%、2017年の投資額は2552億円に達すると予測。中でも事業者データセンターの新設投資拡大が顕著で、2012年から2017年までの年間平均成長率は4.4%で推移するとしている。