国内における2013年のヘルスケア関連のIT市場規模は初めて1兆円の大台に乗って1兆134億円になるとIDC Japanが予測している。2012年の9973億円から1.6%成長する。2012年~2017年の年平均成長率は1.8%で、2017年は1兆913億円になるという。

国内におけるヘルスケア関連のIT市場規模予測
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年は様々な追い風があった。東日本大震災の教訓を踏まえて災害拠点病院の機能が強化された。また、診療報酬および介護報酬の改定に伴うシステム改修なども進んだ。政府の「ライフイノベーション」(医療・健康・介護を大きな産業にしようという新成長戦略の一つ)推進策の下、ハイパフォーマンスコンピューティングや高度解析技術をベースとする医薬品、ライフサイエンス、医療機器関連の研究開発投資が拡充した。

 2013年以降も、保険制度や医療/薬事法制の改正に伴う既存システムのリプレース需要が継続するほか、引き続き政府の成長戦略の下、新産業創出に向けたIT支出が持続するとIDCは予想する。

 さらに今後、老朽化した医療施設の建て替えも、関連IT市場に影響を及ぼすという。施設の建て替えや改修の際には、柔軟性と拡張性のあるIT基盤をITベンダーが提案し、モビリティー技術など次世代ICTを取り入れるよう働きかけるべきだとIDCは提言している。