IDC Japanは2013年5月30日、国内中堅中小企業におけるIT市場の2013年~2017年の市場予測を発表した。2013年の同市場の規模は3兆6694億円で、前年比成長率0%と横ばいになる見込みだという()。

図●国内中堅中小企業IT市場 前年比成長率予測
図●国内中堅中小企業IT市場 前年比成長率予測
出典:IDC Japan(2013年5月30日)

 2013年は、国内経済に回復の兆しが見えているものの、新興国企業との競争が激化していることや、大手製造業における生産拠点の海外移転が加速していることなどから、依然多くの企業で業績が遅れているとIDCは指摘する。また、2012年はPCなどハードウエアの更新需要が拡大したが、2013年はその反動もあり多くの中堅中小企業でIT支出が抑制される傾向にあるという。こうしたことからIDCは、2013年の国内中堅中小企業IT市場がほぼ横ばいになると予測、本格的な回復は2015年以降になるとしている。

 産業分野別では、2013年は情報サービス業でプラス成長、流通業でほぼ横ばい、その他の産業ではマイナス成長となる。また、2014年は各産業分野でマイナス成長になるという。ただし、流通業における消費税対応や、医療介護分野における地域医療連携などへの対応においては、IT支出の拡大が見込まれるという。

 地域別では、2013年は多くの地域でマイナス成長となるものの、北海道/東北地方、関東地方、北陸/甲信越地方ではプラス成長になるとIDCは予測。特に北海道/東北地方は、復興需要の拡大や大手企業の拠点設置などによって、中堅中小企業でもIT支出の拡大が見込まれるという。ただし、その他の地方では地域経済の回復の遅れや、大手製造業の生産拠点の撤退または縮小などの影響で、IT支出の抑制傾向が継続するとしている。