IDC Japanは2013年5月14日、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)およびビジネスコンサルティングで構成される「国内ビジネスサービス市場」の予測を発表した。2013年の同市場規模は、前年比4.7%増の8975億円で、3年連続プラス成長となる見込みだという()。

図●国内ビジネスサービス市場 支出額予測
図●国内ビジネスサービス市場 支出額予測
出典:IDC Japan(2013年5月14日)

 2012~2017年の同市場の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.2%。2016年には1兆円を超え、2017年には1兆516億円になるとIDCは予測している。

 BPO市場は、人事、カスタマーケア(コールセンター)、財務/経理、調達/購買の4分野で構成され、2013年の市場支出額は前年比4.4%増の6120億円となる見込み。2012~2017年のCAGRは3.9%で拡大し、2017年には7086億円になるという。

 人事業務では中堅企業や自治体/公共団体など新たな顧客の拡大が、カスタマーケア業務ではコールセンターにおける顧客情報の分析などの委託の拡大が見込まれるとIDC。また、財務/経理業務では事例の増加と共にこれまでBPOを利用していなかった企業の関心が高まっていること、調達/購買業務では企業の調達コスト削減要請が高いことなどから、4分野すべてで市場が成長する見込み。一方、コールセンターにおける単純な問い合わせ対応や、経理業務における記帳代行型のサービスといった一部の従来型BPOサービスはすでに成熟化しつつあるという。

 ビジネスコンサルティング市場は、経営/事業戦略の策定支援や業務オペレーションの改善支援、人事/組織変革支援などが含まれ、2013年の支出額は前年比5.4%増の2856億円。国内企業のグローバル展開にかかわる支援や、経営統合や事業の再編に伴う支援、リスク管理の強化、政府/公共分野の顧客の増加などが今後の成長を支えるとIDCでは見てる。ただし、事業者間での競争激化がサービス価格の低下をもたらしていることもIDCは指摘している。