アルバネットワークのIEEE 802.11ac対応アクセスポイント「Aruba AP-220シリーズ」
アルバネットワークのIEEE 802.11ac対応アクセスポイント「Aruba AP-220シリーズ」
[画像のクリックで拡大表示]

 アルバネットワークの「AP-220シリーズ」は、IEEE 802.11acに対応したアクセスポイント製品である。通信速度は、2.4GHz帯で最大600Mビット/秒、5GHz帯で最大1.3Gビット/秒(IEEE 802.11acの場合)。また、AP-220シリーズは消費電力を大幅に低減できる省電力モードを搭載しており、IEEE 802.3af規格のPoE電源で低速稼働可能。最大1.75Gビット/秒の通信速度を実現する。有線側は、10/100/1000BASE-Tイーサネットポートを2個搭載する。

 AP-220シリーズは、IEEE 802.11acやIEEE 802.11n対応Wi-Fiネットワークでモバイルデバイスが最適なアクセスポイントに接続できない、いわゆる“スティッキー・クライアント”問題を解消する独自の特許技術である「ClientMatch」技術を搭載する。これは、モバイルデバイスがRF干渉の適切な監視を行わず、競合する低速デバイスがチャネル全体を独占してしまう問題を、Wi-Fiインフラにクライアント接続とローミング決定の制御機能を持たせることによって、常に最も近くで最も混雑していないAPに各デバイスを確実に接続する。

 また、AP-220シリーズには、Microsoft Lyncなどのリアルタイムユニファイドコミュニケーション&コラボレーション(UCC)の運用管理のための独自機能が統合されている。UCCや音声、ビデオなどのデータはこれまで、暗号化されることが多いため、Wi-Fiネットワークではこれらのアプリケーションを識別できず、優先付などの制御が難しかった。同社のWLAN は、通話品質データをMicrosoftの「Lync Diagnostics API」を通じて抽出し、ネットワークステータスデータと一体化する。

 抽出する監視データには、MOSスコアやQoSマーキング、通話時のワイヤレスクライアント接続の健全性、ジッタ、遅延、パケットロス、発信者/受信者識別番号のMAC/IPアドレスとのマッピング、通話ステータス、音声/ビデオの通話種別、通話時にアクティブなクライアント・セッションなどが含まれる。これにより、優先処理やエンドツーエンドでの可視化、問題特定、ユーザー・エクスペリエンスの向上などを実現する。

Aruba AP-220シリーズの概要
主な製品内容IEEE 802.11acに対応したアクセスポイント製品である。通信速度は、2.4GHz帯で最大600Mビット/秒、5GHz帯で最大1.3Gビット/秒。また、AP-220シリーズは消費電力を大幅に低減できる省電力モードを搭載しており、IEEE 802.3af規格のPoE電源で低速稼働可能。Microsoft Lyncなどのリアルタイムユニファイドコミュニケーション&コラボレーション(UCC)の運用管理のための独自機能が統合されており、MOSスコアやQoSマーキング、通話時のワイヤレスクライアント接続の健全性などの監視データを使って、優先処理やエンドツーエンドでの可視化、問題特定、ユーザー・エクスペリエンスの向上などを実現する。
価格20万8000円~
発表日2013年5月24日
提供開始2013年6月