2013年における国内中堅中小企業向けのIT市場は、前年比ほぼ横ばいの3兆6694億円にとどまる。IDC Japanによれば、新興国企業との競争激化、大手製造業における生産拠点の海外移転の影響で、業績回復が遅れている企業が多い。2012年にPCなどハードウエアの更新需要が拡大したことで、2013年はその反動からIT支出を抑制する企業も多いという。同市場は2014年まで低い成長率となり、本格的な回復は2015年以降になる見込みだ。

国内中堅中小企業IT市場(前年比成長率)
国内中堅中小企業IT市場(前年比成長率)