「Amazon Web Services(AWS)」がIaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)のデファクトスタンダード(事実上の標準)となった今、様々なベンダーが「Amazon互換クラウド」の提供にしのぎを削っている。日本で16社が提供するAmazon互換クラウドの実力を検証しよう。

 「アマゾンに追いつきたい」。NTTコミュニケーションズ(NTTコム)の有馬彰社長は、2013年4月に開催したクラウドに関する戦略説明会の場でそう語った。クラウド、特にIaaSの領域では、米アマゾン・ウェブ・サービスがリーダーであり、AWSのサービスの機能や仕様がデファクトスタンダード(事実上の標準)。そう明言するITベンダーのトップが、国内外で増えている。

 米オラクルのラリー・エリソンCEO(最高経営責任者)は「ライバルはIBMではなくアマゾン」と、“打倒Amazon”に闘志を燃やす。一方の米IBMは、“Amazon互換”に事業戦略を転換した。「クラウドサービスとソフトを『OpenStack』ベースにする」と発表したのだ。

 OpenStackは、AWSのようなIaaSを実現するためのOSS(オープンソースソフトウエア)だ。これまで、IaaSを実現するソフトを自社で開発してきたIBMが戦略を転換したことは、IT業界に大きな驚きを与えた。

技術面でAWSが圧倒的リード

 AWSは技術面でも、他のIaaSを圧倒的にリードしている。AWSがIaaSのデファクトスタンダードになったことで、AWSの機能にユーザーの注目が集まり、AWSの機能が他のIaaSに広まるという流れが生まれたからだ(図1)。

図1●米アマゾン・ウェブ・サービスが先行したIaaSの機能例
AWSが他に先駆けてサービスを提供し、それが業界標準となった機能は多い
[画像のクリックで拡大表示]

 そもそも、「オンデマンド型」「セルフサービス方式」「プログラムによる運用管理の自動化」という特徴を備えたIaaSは、AWSが世界初だった。

 その後もAWSは、OSSの分散バッチ処理ソフト「Hadoop」のサービスや、クラウドの中にユーザー専用のネットワークセグメントを作り出す「仮想ネットワークサービス」などの付加機能を、他社に先駆けて提供。米マイクロソフトや米グーグル、日本IBM、富士通、NTTコミュニケーションズなどが、それらの機能を相次ぎ自社のIaaSに取り入れて、「Amazon互換クラウド」の提供を始めている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。