UnitBase 4.0の画面(業務の流れに合わせて次にとるべき行動へのリンクをまとめた「クイックアクションナビ」の画面)
UnitBase 4.0の画面(業務の流れに合わせて次にとるべき行動へのリンクをまとめた「クイックアクションナビ」の画面)
[画像のクリックで拡大表示]

 ジャストシステムの「UnitBase 4.0」は、顧客管理システムや問い合わせ管理システムなどデータを登録して検索/活用するタイプの業務アプリケーションをノンプログラミングで開発するための開発/実行環境である。マウスによるドラッグ&ドロップ操作だけで、Web型で動作するデータベースアプリケーションを開発できる。

 業務部門のエンドユーザーがノンプログラミングでデータベースを開発できる。例えば、データの項目を決めてGUI画面に配置するだけで、項目の値を入力/登録するためのWeb画面が完成する。GUI画面を使って一から設計する方法のほかにも、表データ(CSV)を取り込んで叩き台にしたり、ひな型(データベースや画面/帳票の定義)をテンプレートとして利用したりできる。

 Web画面への帳票出力だけでなく、見積書や請求書などの帳票をExcelファイルとして出力することもできる。帳票のフォーマット作成も容易で、Excelで作った帳票画面をそのまま使い、数値や文字などのデータベースから取得した値が入るところに、UnitBaseのフィールド項目名を記述するだけでよい。

 データ検索/参照画面では、複数のデータベースの情報をまとめて表示することも可能である。参照しているレコードに関連するレコードを、他のデータベースから自動的に検索して、合わせて表示する。顧客管理データベースと同一画面に、顧客にひも付いたテレアポ履歴データベースや訪問商談データベースの情報を表示する、といったことができる。

 ユーザーの職務に合わせて次にとるべき行動(機能)に直接ジャンプするナビゲーション画面も利用できる。例えば、営業担当者向けでは「商談結果を登録する」や「見込案件を登録する」などのメニューをナビゲーション画面から1クリックで起動できる。申請/決済ワークフロー機能も備えている。

UnitBase 4.0の概要
提供形態ソフトウエア
機能データベースの設計と入力画面/検索画面/帳票の開発をノンプログラミングで実現
動作形態開発環境/実行環境ともにWebアプリケーション
稼働OSWindows 7/8、Windows Server 2008/2012
DBMSPostgreSQLを使用(ソフトのインストール時に同時に組み込まれる)
価格(税別)■指名ユーザーライセンス:最小構成の50ユーザー版「モデル50」が118万円(年間保守料が23万6000円)
■同時接続ユーザーライセンス:最小構成の5ユーザー版「同時ログインプラン5」が98万円(年間保守料が19万6000円)
発表日2013年8月5日
出荷日2013年9月27日